ザヤ

私の東京

私はバトザヤと申します。2016年の4月にモンゴルから参りました。

国で大学を卒業して役3年間働いてやはり好きな仕事をしたいと思い辞めました。

その時日本へ来るチャンスがありました。日本語学校で2年間勉強して卒業をした。

初めて来る時思ったより大変でした。日本語を分からないし、物価が高いし、毎日忙しくて家族から離れて新しい生活の問題があったが自分のために諦めないで前へ進みました。

最初に色々なことが多かったですがすぐにアルバイトを見つけることができたので良かった。毎日朝アルバイトをして、アルバイトが終わったら学校に通ってまたアルバイトをしていました。この生活2年間ほぼ毎日繰り返ししました。勤務の中で一番大変だったことは早朝雨が降った時と台風か来た時でした。休みたいけど働かなければなりませんだから我慢しました。友達と遊びたいけど健康や気分など様々なことを言い訳してできませんでした。

仕事を始めた時に分からないことあっても仲間たちがやさしくていつも教えてくれましたから大変ではありませんでした。1年半働いて班長になりました。今まで働いています。

生活で最初の時ちょっと大変だったが2年から何でも習ったから面白かった。

また自分の知識と能力足りないと思って専門学校に入学しました。今そろそろ卒業する後もっと日本に住みたい、日本人は優しいでうれしくてとてもやりがいを感じしました。就職するという目標をあったので最後まで進みます。

留学することは大変でしたが自立することがよくできるし家族と母国を大切にすることも習いました。