グェン ティ トム

わたしのふるさと

私故郷の川の名前は Kinh Thay(キンタイ)と言います。Hai Duong 県の Kinh Mon市にあります。昔戦争があった頃、水路の移動の方が簡単でした。川が沢山あるからです。川で食べ物や服など色々な商品を売ったり、銃や爆弾を運んだりしました。幼稚園の時よく童謡を歌いました。その童謡に Kinh Thay の事が出て来ます。毎週末,私と姉さんと隣人の友達と一緒に川の岸辺ではすの花を取ったり、魚を釣ってから持って帰って料理を作ったりしました。とても楽しかったです。

私の故郷の周りは川だから皆よくここは小さい島の町だと言います。川は大きくて、幅が10メートル、深さが8メートルです。毎日24時間ずっと小さな船や貸物船が川を通っています。

誰でも遠い所へ行く時いつも船を使っています。私は高校を卒業してから大学に入りました。大学があるHa Noi (ハノイ)に引っ越しする時初めて船を使いました。学生さんや会社員や工場で働く人たち30人ぐらいと自転車やバイクと一緒に船に乗りました。

毎日午後、川の水が上がって満潮になります。川に渦巻が出来て危ないですので船のダイヤが遅れます。故郷の交通は不便だと思いました。今でも皆は政府に大きい橋を作って貰いたいと思っています。

私はもう3年間日本に住んでいます。埼玉県川口市の今借りている部屋が川に近いです。毎日川を渡って学校へ行きます。川が四季で変わります。それを見て私は故郷の川にとても似ていると思っています。川が本当に友人みたいだし、それに川を見たら元気になっていい気持ちになります。