グェン ティ ハン

私のふるさと

人生の中誰でもふるさとがあるはずです。そして、人によって違うことがありますが、皆の」ふるさとの誇りと懐かしいことがのを信じます。私も自分懐かしいふるさとがあります。

私の出身はベトナムのハティンです。ハノイのような賑やかではなくてサイゴンのような栄えない町です。ハティンという所はベトナムの中部にあります。貧しい所です。そこの人達はお米を作ることで生きます。毎年、大きいな台風を受けたり稲刈りに洪水が発生したりしますが、そういうことがあっても人生への信仰を失わないのです。逆に愛を込めて自分のふるさとを守ろうと思っています。

貧しい所ですが、ハティンは素敵な所です。大きな海の浜は白砂で遠くには漁船があります。川は緑の丘に囲まれていて古代の教会は何百年もずっとそこに建っています。そこの人は優しくて簡素な性格を感じています。苦しいことは笑顔で無くなります。

子供の頃、私の趣味は家の近くの頂上に座って色々な景色を見ることです。一番美しい景色が見える時はクリスマスとお正月の時です。

ふるさとという言葉は私たちが育って色々な記念に存在してくれた所です。今日本に居ますが、昔の記念を忘れるわけにはいかないです。