グェン ティ フォン さん

わたしのふるさと

私の出身はベトナムです。ベトナムの中部で一番幅が狭いところはワンビンという県があります。ワンビンは田舎ですが、私にとってはいいところし、静かだし、景観もいいです。ワンビンはほとんど川、海、山が囲まれています。緑の川の真ん中に自然が作られた洞窟があります。2013年には世界の自然文化遺産として認められました。毎年、何百人もの観光客が訪れます。山美しさに加えて、海の美しさにも独自の美しさもあります。毎年国内外の観光客を訪ねています。海の美しさは山の美しさ以上のものです。

ワンビンには、人々はしばしば素朴でスパイシーで塩辛い食べ物をたべます。

わたしにとっては海で生まれ育ったことが誇りです。自然が授ける美しさに加えて、自然が垂らす自然災害も少なくありません。夏には、暑い太陽と風管が中央部の暑さの特徴です。冬には嵐とモンスーンがあります。 毎年、中央地域は多くの大小の嵐に見舞われ、人々の多くの財産を破壊しています。 ベトナムでは、中部地方では、常に多くの災害が発生するため、人々はしばしば貧困や人々の苦しみについて話します。 しかし、そのためではなく、人々の精神は常により良い生活のために努力しています。

日本は毎年多くの地震に見舞われていますが、国は急速に発展しており、ベトナム一般、特にベトナム人は自然災害の克服に努めています。 現在、日本で勉強し、仕事をしています。 今、私は多くのことや彼らの正しさ、彼らの働き方、働き方を学ぼうとしています。今、私が帰国するとき、私はその国のために社会に役立つ何かを捧げたいと思っています。

皆さん、もし機会があったら、私のふるさとへ一回来てみてくださいね。私が連れて行きますから、道のことやどこに行くか心配しないで。