グェン ディン チュエン

私の東京

東京に来る前は、東京は最高のところというイメージでした。しかし、進学する時、東京に引っ越して、大変でした。外国人として部屋を借りることが難しかったし、値段も高いです。そして、田舎の生活と東京の生活を比べて全然違います。田舎はゆっくりしていますが、東京の生活はいつも忙しく見えます。なかなか都の生活に慣れて来ませんでした。ところで『東京の生活費は高い』と聞くけど、2年住んでみて、それはあまりにも言葉足らずだとわかりました。まず、生活費の中で高いのは家賃です。たんと言っても人口密度が高いので、土地の値段が高いのは事実です。だから家賃の高さは不可壁です。でもそんなに高いと思わなかったです。

土地が高いけれども、アルバイトの時給も高いし、働いている店でまかないが自由に食べられるから、食費に関しては全然高くないです。それで地方と比べて、生活費はあまり変わらないです。

東京は便利なところで、何でもあり、交通も便利だし、安いです。家を出てすぐ駅があります。1駅じゃなくて2~3駅もあります。前の住んだところはアルバイトに行く時、だいたい皆は自転車に乗ったり、バイクに乗ったりして、冬が来たら、本当に辛かったです。

朝食は近隣のファストフード店やファミリーマートですませます。暑い日は、駅ビルやデパートで過ごす。都内を自転車で通勤通学することも可能です。

仕事について、東京には仕事が本当に多いですが、タウンワークで探すとき迷いました。いろいろな仕事をしてみましたが、自分に合わなかったから、やめました。今、働いている所は焼肉店です。この店は面接した後、採用されてくれても入らないと思いましたが、結局は前職より一番長いです。なぜかというと、その時働いている店より時給も高いし、家も近いですから。一回やってみようと考えて、興味になりました。最初は、業務を上手く覚えられず、店長に指示されることばかりでした。しかし、やるからにはしっかりやりたいです。

つまり、若い人には選択次第でチャレンジがあります。色々なことを試したり、体験したりすることができます。私にはたまに東京の遊びがいいですが、ずっと住むとだんだんいや気持ちになっています。