グェン フォン ラン

わたしの東京

私はベトナムから来ました。三年間日本に住んでいます。東京外語専門学校のネットワーク学科で勉強しています。私の学科はほとんどベトナム人で、ネパール人は二人しかいません。日本に来てからコンビニのアルバイトでずっと働いています。毎日学校の授業後アルバイトに働きに行きます。仕事で私はたくさんの友達ができました。外国人の先輩からガスと水道の支払い方など生活について教えてもらいました。ネパール人は牛肉を食べないとか牛は神様の動物だとか知りました。

今、埼玉県の戸田市に住んでいます。家がたくさんありますが、朝みなさん仕事に行くのでおじさんとおばさんだけが歩いていて静かで平和な所です。スーパーやコンビニが近くにあります。家に帰る時、スーパーに寄って、買物します。とても便利だと思います。私は同じクラスのベトナムの友達と一緒に住んでいます。二人だけで住むのはいろいろ楽しいです。毎晩、小さいパーティをします。食事しながら一日の大事なことや面白いことを話します。この部屋は広くて冷蔵庫や電子レンジやテレビなど全部部屋にありますから私は私服だけ持ってきました。

最初、日本へ来たばかりなので学校の寮にベトナム人二人と住みました。拝島駅まで15分ぐらい歩いて、一時間半ぐらい電車で学校に行きました。初めての日本でたくさん道に迷ったのを思い出します。それが拝島の私の印象です。

兄と住むために引越して、埼玉市に住みました。ここで一番思い出すのはプールです。それは家近くでした。夏夏、一週間に2回行きました。チケットは大人が300円、子供が150円、とても安かったです。私の家はちょっと小さくて古かったですが家賃が安かったです。ここで一年間ぐらい住んで引越しました。兄は就職のために他の所に住みますし、私一人で家賃が払えませんので、他の部屋を探しました。

フェイスブックで探した人と上北沢に住みましたがその人といろいろ性格が合わないのですぐ引越ししました。今一緒住んでいる友達と中野に住みました。駅から歩いて二十分がかかるので自転車を買いました。中野ブロードウェイに毎日いきました。ここはたくさん店があります。野菜や肉や果物が全部安いです。アパートの契約が終わって三か月後また引越しました。友達と私は埼玉に戻りました。

そのアパートは現在の家です。今まででこのアパートが一番好きな部屋です。アルバイトが終わって家に帰ると心が安心します。引越しの体験は大変ですが面白かったです。