グエン ティ フォン タイン

わたしの東京

ある日スックさんが 「 最近、どこへも行かないねー、どこか行こう!」と言いました。私たちの5人グループもそう思っていました。インターネットで探してみたところ、高尾山を見つけました。遠くなくて一日で行けるし、綺麗なところみたいだから高尾山へ行くことになりました。

行った時は去年の11月頃です。雨の日で、寒くて、登りづらかったです。登っている時に回りは雲か霧かよく分かりませんが、全部真っ白で普段見られない景気でした。紅葉も見えないけど幻の光景をクラスメートの皆5人と一緒に行きました。たくさん写真を撮って、たくさんスマイルできて、楽しむことが出来ました。

高尾山へ登るためはじめてリフトに乗りました。乗る時リフトはどんどん動いて、全然止まらなくて、待ってくれないから怖かったです。それにベルトもないから、高いところへ行ったら、下を見てもっと怖い気持ちになりました。降りる時も全然止まってもらえませんでした。それでも案内人がいるから、安心して降りたんです。山の神社からおみくじを引きました。初めておみくじを引いたわけではないけど、何回も難しい言葉が出てきて、わかりにくいです。通常の言葉じゃないから、なかなかわかるようにならないです。「吉」をもらったのは良いねと思っていました。たくさん写真を撮って、たくさんスマイルでした。高尾のおみやげを買いました。高尾山天狗前というお菓子を買ったんです。その煎餅は黒いごまを香ばしく焼き上げたものです。友人にあげたら、とても美味しいと言いました。今度は来たらまた買います。

山から降りる前にとても美味しそうな栗屋があって、2袋を買いました。ちょっと高かったけど、大きくて、美味しかったです。ベトナムではそんな大きい栗はないです。あっても中国の栗で、作ったばかりのは売っていません。帰る時はケーブルカーで降りました。リフトで降りるのはなんか怖いし、その日は結構寒かったから、ケーブルカーで降りました。天気は良くなかったですが、いろいろ勉強に出来たし、友達と楽しむことが出来ました。最初、大雨だから行くのをやめようと思ったのですが行ってみて良かったと思います。

また機会があれば、良い天気の日にまた高尾山へ行きます。