グルン トゥム クマル

わたしの東京

私は 2015 年 5月に日本に来ました。日本へ来て日本語学校で日本語を勉強しました。2ヶ月半たちました。私はそろそろアルバイトをしなければなりませんでした。この間に面接をうけました。でも日本語がへたですから呼ばれませんでした。国から持ってきたお金も なくなりました。一緒に住んでいる友だちはバイトをはじめました。私は心配しました。

その時学校の友だちに宅急便にさそわれました。この仕事をやろうと思いました。面接の日も決めて次の日学校が終わってから友だちと一緒に面接に行きました。みんなにはヤマトは大変だと言われました。きびしそうです。電車の中で考えて心配しました。どうやって仕事をやりますか。荷物をながす、そして運ぶだけだと友だちに聞きました。荷物は大きいですか。どんな荷物ですか。面接でどんな質問がありますか。考えていたらヤマトに着きました。

面接に来た人 がいっぱい並んでいました。私たちもこのラインに並びました。20分ぐらい たちました。私の前からネパール語で「すみません」 みたいな声が聞こえました。私は「はい」と言いました。前に並んでいた人が「トイレどこですか」と聞きました。私も「初めてですからわからない」と言いました。私の後ろにいる人は「こっちです」と言いました。その友だちはトイレへ行ってもどったら「ありがとう」と言って、それから話し始めました。並んでいる時いろいろなおもしろい話とネパールの家のみょうじについていっぱい話しました。面接も終わりました。帰る時も一緒に帰りました。

電話番号をもらって時々メールと電話でその友達と話しました。面接の3日後ヤマトから電話がきました。友だちにもヤマトから電話がきました。仕事をする場所は同じでしたがグループはちがいました。1ヶ月ちょっと大変でした。私のグループに日本人とネパール人が5人いました。2階からながしたものを1階で住所を見てかたづける仕事でした。友だちのグループはべつでしたけど休み時間に一緒に食事しました。その友だちととても近くなりました。

6ヶ月がんばりました。ヤマトは派遣の人がいっぱい来るので時々人がたりません。5人のところを3人で仕事をやったことがありました。いつもいつも人が足りないので3 人ですごくがんばりました。3人のがんばるのを見て部長からみんなの前で表彰されました。ヤマトのジャケットをもらいました。バイトの中で私ともう一人のネパール人と日本人だけもらいました。私のグループ全体のリーダーもとても優しい人でした。休まないように 疲れる 日に自分のポケットからお金をくれました。私は 歌を歌いますから練習するのにいいところでした。大きい声で歌ってもだれにも聞こえないから練習のためにとてもよかったです。

2年間がんばりました。でも段ボールのほこりでのどの病気になりました。2週間病院に入りました。それから友達と私は一緒にヤマトをやめました。いろいろなおもしろいことを思い出します。ヤマトで知り合った友だちは一緒に住んでいます。ヤマトからとてもいい友だちをもらいました。友だちの名前はラメス タマンです。