パン チィ イ ニ

私のふるさと

私の故郷は“クアンーガイ”という町です。クアンーガイ町はベトナムの真ん中にあります。この町で綺麗な幼年時代があります。

幼年期は毎日、父親の仕事が完了、姉妹たちの学校が終わって家に帰りました。その時、夕食は母親がやってくれました。週末は、姉妹たちと私たち子どもは色々な所へ行っていました。それは午後に草地で横になって青い大空を見たり、曇りの形を話したり、楽しかったです。時々、登山して、山で果物を採って、泉で水を浴びで、面白かったです。夏には、姉妹は学校を休むので家族と”MY KHE“(ミーケー)という海に行ったり、”THIEN AN“(テエンアン)という山に行ったり、シーフードを食べました。クアンーガイには海がいっぱいあり、それらは”KHE HAI“(ケーハイ)ビーチやミーケービーチなどです。ビーチにはシーフードレストラン、風にささやく緑のココナッツの木があり、観光客は歩いています、赤ちゃんは砂の城を建てています。テエンアン山にはテエンアンのお寺があります。休日に人々は多くの折のために寺院に行きます。私の故郷は砂糖と塩の生産で有名です。昔には、私の故郷の農家は砂糖を生産するためにサトウキビをよく造りました。どこに行ってもサトウキビの広大な畑を見ることできます。母も小さい庭にサトウキビを植えました。収穫時期にはジューシーで甘いサトウキビを食べることできました。

今、工業井が発展していて、どんどん皆は農業をやらなくなってきています。代わりに観光産業は成長しています。クアンーガイで最も有名なアトラクションは“LY SON”島(リーソン)地区です。リーソンはクアンーガイ省の島地区です。本土から島までは約に20分ぐらいの急行船に乗る必要があります。6月から9月までの時期はリーソンへ行くことが一番いいと思います。その時期リーソンの天気もきれいで、海も澄んでいる、海で泳げます。さらに、海中のサンゴを見るために潜ることできます。

それは私の故郷です。クアンーガイは私たちの子供時代、思い出、多くの山と海があり、親切な人々がいて、多くの観光名所があります。