ファン ヴァン ズォン

わたしのふるさと

生活の為遠くに働きに行った人達がそろそろ実家に帰る準備を始めます。日本のカレンダーだと1月未から2月中旬ころでベトナムの旧正月です。

12月27日から人々は実家に戻って田舎でも賑やかになります。皆もいろいろ買い物しますので店も忙しくなります。

自分の家族は27日から旧正月の準備を始めます。親が伝統的な料理の材料を準備して作っておきます。伝統的な料理でないといけないのはバインチュンとベトナムのハムです。バインチュンは餅米と豆と豚肉から作られてLa dongと言う葉っぱで四角に包まれて8時間から12時間煮込みます。ハムは日本の生ハムみたいですが味が違います。その二つの料理は面倒な料理で普通はあまり食べられません。

29日から30日中に家の大掃除をします。掃除の方は私がまだベトナムにいる時よく任せられていました。大掃除する理由は良い年を迎える為で、普段の掃除よりすごく細かくきれいに掃除して時間が1日もかかります。

掃除が終わったあとは家の飾りが始まります。旧正月の家の飾りでそれがないと旧正月の雰囲気がでない物は花が咲いてる梅の木と果実がいっぱい付いている金柑の木です。

30日の夜、国民的な番組を観て家族と一緒に新年を迎えて花火を見ます。1日親が準備してくれたプレゼントを祖父や親戚に持って行くと、お年玉をくれます。皆と一緒に食事したり話をしたりします。