ブ ティ トゥイ

わたしの東京

私は4年前にベトナムから日本へ行きました。日本へ来て辛い事が一杯があります。私の一番辛い事は働く事です。

仕事を始めるときにプレッシャーがありました。日本へ来る前は仕事は大変じゃないと思ったのに、日本へ来て仕事をしたら苦労する事が一杯ありました。日本へ来て2ヵ月で仕事を見つけました。友達が飲食店の仕事を紹介してくれました。最初洗い場に入りました。洗い場で働くときは早くしないければなりません。洗い場で1週間やって次はホールをやりました。お客様がお店に入るときに挨拶しなければならないのでいつも入り口を見ています。はじめに私は挨拶ができませんでしたから先輩から挨拶の方法を教えてもらってメモを書いて勉強しました。

仕事の中で漢字が多いですがその時私は漢字があまり読めませんでした。それも先輩が教えてくれました。お客様へ注文に聞きに行きません。お客様は自動券売機で好きな物を選べますから。その代わり私たちはお客様の食券を受け取って料理の名前を大きな声で読みます。時々漢字が読めないから先輩に来てもらって食券の裏に読み方を書いてもらいます。料理ができたらお客様に出します。

ホールをやるときに特に思い出す事があります。料理を出すときは私よく間違えました。でも、そのとき私は新人ですので誰も私をしかりませんでした。2ヶ月でホールをやってキッチンに入リます。キッチンの仕事をしたらとても面倒になります。私はとってはキッチンの仕事が一番大変です。料理のタレはいっぱいあり、料理の作り方もいろいろあり、覚える時間がかかります。でも、いつも頑張りました。

今は仕事が全部できて、新人が入ったら私が新人に仕事を教えいてます。私は先輩として後輩にあまり怒りません。なぜなら私が新人のときに先輩は私をあまり怒らないので、私はとても仕事がしやすかったです。だから新人にも優しく教えて新人に頑張ってもらいたいと思います。