レ コック チー

わたしのふるさと

お正月は春が来て、すべての家族が集まる機会です。ベトナムの人々、特に子供達は両親と祖父母がバインチュンを包み、茹でるのを見たがっています。バインチュンは土地を象徴する四角形、緑は草花、緑豆は果物と甘い果物を表し、豚肉は動物を表し、餅米は人間の米の文明を表します。

私は旧正月の28日に母とお正月の食材を買いに行きました。父がバインチュンを包むために、母が市場に私を連れて行きました。母はとても大きい緑の葉っぱを選びました。葉っぱを購入したら、姉がよく洗って、立てて、水を切ります。4枚の葉ごとに、一つのバインチュンが包めます。父はバインチュンを包むために四角い木の型を使いました。母は早朝から餅米に水を染み込ませ、水切りし、少し塩を振りかけました。緑豆は母が炊きました。豚肉は父が三つの大型を選び、決め手の胡椒と塩とナンプラーなどの調味料で味付けしました。材料を包み終わったら、父は茹でるために、大きい鍋にバインチュンを入れます。私は薪ストーブで8~10時間バインチュンを煮ることが多いです。煮る間に火に芋を入れて、焼きながらバインチュンを見ました。そして私と姉は熱い芋を楽しみました。

終了した後、父はバインチュンを拾い上げ、バインチュンが正方形になるようにするために上に重い物を置きました。その後、父は先祖の祭壇に置くために、4つのバインチュンから最も美しい物を選びます。今、私は実家でお正月を過ごすことはあまりありません。だから私はお正月のバインチュンの雰囲気が恋しいです。