レ トゥー トゥイ

わたしの東京

日本に来てから今まで3年立ちました。日本人の友達を作りました。一番良く話している日本人の友達はアルバイト先の店長平山さんです。

平山さんは背が低くて、やせています。目が悪いので、メガネをかけています。20代後半ですから、若いです。平山さんはお店が暇でも忙しくても大きい声で「いらっしゃいませ」とか 「ただ今」 とか 「ありがとうございます」などお客様を迎えます。一年で一番忙しいのは年末ですから、12月に店長からコーヒーとか、ビタミンの飲み物などよくもらいました。私が元気がない時 「トゥイ、顔が怖いから、笑ってくれ」、 「トゥイ、元気出して」、「トゥイ、頑張って」など変な顔をしながら冗談を言いました。うちの店は2階があり、もし上の階が忙しかったら、上の階をヘルプして、また下の階が忙しかったら、下の階におりて、仕事をします。たまたまキッチンの人が足りないから、平山さんはキッチンに入って自分で注文伝票の料理を作ってお客様のテーブルまで出します。ですから、接客も上手だし、料理も作れます。私がミスしてしまった時 「大丈夫、大丈夫」と言って、私のミスを直してくれます。とても ありがたいです。店長は自分より周りの人を考えてくれるので、店長のことが好きです。

平山さんは店長になってから今まで6年間立ちました。お店へ来るお客様は店長とよくしゃべります。店長のことが好きなお客様が多いです。最近、店長は他の店へ移動しましたが、お客様のお子様が「面白い店長はいらっしゃいますでしょうか?」と質問するので、「あ、店長は移動しました。」と答えると、がっかりした顔をして、「僕は店長に会うために来ましたのに。」と言って席に戻りました。さらに、お店について、お客様からもらったアンケートの中に 「店長にまた会いたいです。」とか 「店長と話すのが楽しいです。」、「店長が面白かったです。」などと書いてありました。ですから、お客様が納得するために、私も店長のコミュニケーション力を学びたいです。店長は新しい仕事があれば皆さんに詳しく教えてくれて、シフトをよく考えて作るので、みんなが楽しく仕事をしています。

仕事以外も店長から色々なことを教えてもらいました。日本の戦争について話しました。アメリカと戦争の時に負けた理由や日本の節分という文化も教えてくれました。そして、私の悩み、ストレス、ルームメイトなどの話をよく聞いてくれてアドバイスしてくれました。最近私は就職活動をしていますから、私の書いた履歴書を読み直してもらい、印刷してもらいました。そして、面接の中で 「なんで日本で留学していますか」とか「日本のどんなところが好きですか」など よくある質問を教えてくれました。もしそんな質問があれば、答えの仕方は日本の好きなところと留学のきっかけと日本で学んだこと、これからどうやって頑張るのかまで合わせて 2分以内に返答すれば良いと言われました。どんな準備したらいいかも教えてくれました。

今、平山さんは他の店へ移動しましたが、たまに飲み会に行ってあったり、LINEしたり、時々連絡しています。日本に来て平山さんに会って友達になってよかったです。