レ・ミン・タン

わたしのふるさと

私の故郷はベトナムのHA TAYです。HA TAY は HA NOI の北にあります。9年前、HA NOI の地区になりました。でも、誰かが私に「あなたの故郷はどこですか?」と聞いたら、私はいつも「HA TAYです」と返事します。

HA NOI は首都で、7百万人ぐらい居住していますが、面積があまり大きくないので、道路が狭くて、小さいビルが林立しています。HA NOI は人口が多いし、オートバイもいっぱい走っていますので、毎日交通渋滞です。最近バスやBRT(特別のバス)もあるのに、交通渋滞があまり改善していないです。HA NOI の中心部はちょっとうるさいと思います。

ですが、私が住んでいたHA TAYの村は正反対で、建物はちょっと古いですが、まわりは静かです。村のみんなはお互いに知っています。お正月に、みんなは村の広場に集まって、料理を作って、パーティーをします。村は小さいけど、とても人情味が深いです。みんなお互いに助け合います。「自分のことをじぶんでやれ」という言葉は全然聞かれませんでした。私はこんな村で育ちました。

しかし、この数年、若者はほとんど外へ引っ越して、多くの老人がなくなりました。私も日本に留学して、今年で4年になりましたが、一回も帰国しなかったです。本当に村のみんなを思い出します。村の風景はあまり変わらないのに、長い歳月を経るに従って、村の温かさがだんだん感じ得られなくなったのはちょっと寂しくて、残念です。