スベデ・ウメサ

わたしのふるさと

今私は日本に留学しています。日本と私のふるさとはぜんぜん違います。日本で生活するときはいろいろ大変なことがありました。そのとき、わたしはいつもわたしのふるさとを思いだしていました。

私が生まれたところ、勉強したところ、家族と一緒に住んでいたところはもちろん世界で一番いいところです。大人になって自分の将来を考えてそこから出ました。いつでもそこに行きたいですが、いろいろな理由で東京にいます。今は私のふるさとがどうなったのか知りたいです。

私のふるさとの名前は THKREです。私のふるさとはきれいな町です。近くにエベレストがあります。朝と夜はエベレストがきれいに見えます。私のふるさとの人口は50万です。小さいですけど人は皆親切です。一人がこまったら皆でてつだいますので、あまり困った人はいないと思います。小さいですが私のふるさは便利だと思います。買い物するためのスーパーもあるし、どこでも行きたいならバスのサービスがあります。道もきれいです。旅行者として私の町にいっぱい外国人がいらっしゃいます。私の町はネパールできれいな町といわれています。外国人のためにいろいろなイベントもしています。

東京と私のふるさとはぜんぜん違います。東京は便利です。チャンスもいっぱいありますが、生活はたいへんです。生活するためにいっぱい働いているので自分のための時間がぜんぜんありません。それは一番たいへんなことです。