ドー ズイ フーン

わたしの東京

世界の先進国ではない国に生まれた私は他の国の文化が知りたかったですが、18年間ずっと国にいたときはまだインターネットがなかったので、外国のことはテレビを通してしか知りませんでした。2014年になって初めて海外へ行くチャンスをつかみました。その時はどこの国へいくかいろいろ考えました。十代の私にとって、それは人生の大きな変化の始まりでした。よく考えて、結局日本に行くことに決めました。その年の10月に日本で新しい生活を始めることにしました。それからもうそろそろ3年半日本で無事に過ごすことができています。日本で過ごした時間とともに、日本人と日本の文化から多くのことを学びました。この美しい国で忘れられない経験をしました。その中でも特別なのは日本を一人旅したことです。日本は交通が発達しているので、どんなに遠くへ行くことも難しくありません。

最近の一人旅では東京から広島へ一週間行きました。旅費を節約するため、ふつうの電車に乗りました。途中で面白いことがたくさんありますが、最も興味深いのは、長い時間車内に座って、乗客が乗ったり降りたりするのを見ることです。しかし、10時間以上ずっと座っていたのでお尻も痛くなり、体も疲れて、時々退屈もしました。広島に着いたのは、もう遅い時間になっていましたから、晩御飯を食べて寝るところを探しました。最初ホテルに泊まるつもりでしたが、お金のことを考えて、バックパッカー向けの2、3千円で一泊できるJ hoppersというゲストハウスに泊まることにしました。こうして1日目が終わりました。

広島の2日目は、長旅に備えて早起きしました。まず交通について、それから観光地について調べました。この町は他の地域のような電車ではなく、路面電車がよく使われていることを知って、驚きました。道路を自動車と並行して動くのを見て、バスみたいだと思いました。住民の方々にきくと、その町では交通の中心は路面電車だということでしたので、ぜひ乗ってみようと思ったのですが、持ってきたSUICAカードは使うことができず、別のカードを買うか現金を使わなければなりませんでした。短期旅行者の私はカードも作りたくないし、毎回現金を使うのもいやなので、ONE DAYきっぷを買いました。ONE DAYきっぷを手に入れれば何回乗り降りしても大丈夫です。素晴らしいです!

移動方法を決めてから、戦争で原爆の被害を受けた平和公園へ参りました。公園には原爆の証拠となる写真、そして当時の物がいろいろ保管されています。世界平和のためにたくさんの折り鶴が掛けてありました。平和のシンボルの時計と鐘もあります。私は他の場所へ行く前に、ここを2日間ずっとまわりました。5日目と6日目は広島城や宮島を観光しました。宮島では夕日と日出を見ることができ、素晴らしかったです。