ドー ティ フォン

わたしの東京

日本に来て、4年目になります。初め東京の品川に住んでいました。自分の国で見たことがないものや使ったことがないものが色々ありました。電車、コンビニ、自動販売機などです。そんなものを見て、使ってみてびっくりしました。その中で一番感動したのは電車の便利さです。

ベトナムにも電車はありますが、東京で初めて使ってショックを受けました。最初、日本語学校に入りました。家から学校まで電車で5分です。でも、私は最初の3ヶ月間、40分かけて歩いて通いました。

初めて電車を使った時の記憶は今もはっきり覚えています。朝ホームに人がいっぱい居て、電車が来ても乗れませんでした。駅員さんに助けてもらって、やっと5回目の電車に乗れました。満員電車の中でも全然動けませんでした。降りたかった駅に降りられませんでした。学校まで死にそうな顔をして歩いていきました。その時から電車を使うことを止めました。

それから3ヶ月後のある日、電車を使うざるを得なくなりました。学校の先輩が「あなたに自転車をあげるから、私の家まで取りに来て」と言いました。先輩の家は大手町駅の近くです。その時は日本語があまり出来なかったので、心配でしたが先輩は駅の名前を言えば、日本人が教えてくれると言いました。それで、「大手町駅に行きたいです。」と言うメモだけ持って出かけました。

そのメモを駅員に見せました。その駅員は切符の買い方を教えてくれました。ホームを案内してもらいました。東京都の電車の路線図の見方や駅に書いてある案内の見方など説明してもらいました。その日、私は迷わないで、無事に先輩の家に着きました。その時、東京の電車の便利さが分かって、電車が好きになりました。さすが東京の交通機関です。こんなに便利なら子供でも行けると思いました。東京の物価はちょっと高いですが、何でも便利です。ですから、東京に住んでいます。これからも東京に住みたいです。

たまに、暇な時間があったら、一人旅も楽しめます。東京に住んで、鳥のようにどこまででも飛んでいくことが出来て、とても感激しています。

私の国の電車もいつか東京のようになると期待しています。