チャン クアン チュン

わたしの東京

私は日本で生活と勉強を始めてそろそろ4年になりました。日本へ来る前に日本語も勉強しましたが、最初日本人に会って話した時何もわかりませんでした。ですから一番大切な目標は日本語でした。日本語が話せないのでアルバイトも見つけられませんでした。どうしょうかと思いました。友達もいっぱいいましたが、みな一緒に日本へきましたから日本語のレベルも同じです。

昔、私は台湾で三年間働いたことがありましたから中国語で日常会話ができました。住んでいるところの近くにある工場でアルバイトを募集していました。その工場はほとんど中国人が働いていました。リーダーも中国人でした。面接を受けたらつぎの日からすぐに働くことになりました。2か月間日本に住ん本当におかげさまで仕事を見つけられました。2か月間ちゃんと頑張ったら工場のベトナム人チームのリーダーになりました。

私の仕事内容はベトナム人募集と管理です。みなのシフトを決める役です。ベトナム人を募集した時、入ってきた女の子がとても嫌でした。体付きも小さいし、仕事の時となりの人とおしゃべりばがりしてとてもうるさかったからです。でも仕事はとても早かったです。その人が気になりました。嫌な感じでしたが、彼女の話し方はおもしろかったです。長い時間がすぎて、3年たちました。その人は今私の妻です。

しかし、工場はほとんど中国語しか話さないので上手になりませんでした。学校で日本語を勉強したのに仕事で中国語を話すのは残念ですから一年ぐらいでその仕事をやめました。