ファン タン ガー

わたしの東京

2014年10月に留学生として日本に来ました。埼玉県の武蔵浦和という駅の近くに住みました。学校は新宿にありました。毎日埼京線に乗って学校に通いました。遠くて1時間かかりましたので新大久保に引っ越ししました。学校が近くなりましたが反対にバイトが遠くなりました。週3回金土日22時から8時までアルバイトをしてから学校に直行しました。学校は9時に始まるので間に合います。

電車は時刻表のとおりに走りますが予期せぬことで止まるので遅刻することがありました。電車が10分ぐらいだけ遅れた場合は学校に間に合います。最初の6ヶ月ぐらいは学校に遅刻しませんでした。私は電車がすごく便利だと思いました。ある日いつもどおりにアルバイトをして忙しかったので30分残業して、急いでいたため特急に乗りました。その時とても人が混んで動けないぐらいでした。出発して20分程たったら電車が突然止まりました「どうしたんですか」皆は不安になりました。そしてアナウンスが出ました。「緊急です。倒れた人が居ます。15分ぐらい止まりますので少々お待ちください」と聞こえました。電車が15分遅れて学校に遅刻するかなと思い電話したほうがいいと思いました。予告のとおりに15分後電車が動きました。学校に10分ぐらい遅れましたが遅延証明書があるので欠席にならなくてよかったです。

その日の後自分の考えは間違っていると思いました。電車は便利ですがもし緊急で止まったら面倒ですからそんな遠いバイトをしないほうがいいと思いしました。アルバイトを変えたので今学校もバイトも歩いて行きます。電車にほとんど乗りません。時々遊びに行く時乗ります。日本に来て以来安全で便利な電車に驚きました。こんな電車がベトナムにあって欲しいのですが、後10年20年あるいは50年くらいしたらできるかな。。。